P6だったら何をやっても許されるのかー?


PCGを編集するツールとハイドライド異次元版をさらに異次元版をするツール、D88RWを使ってX1版ハイドライド異次元版をPC-6001mkII版に近づけてみた。
スタート地点  スタート地点
 X1は色数が最大8色なのでPC-6001mkIIの15色に比べ力不足。
 P6風なだけで等倍にすると、ディザリングでP6版とは大幅に違っている。

 ところでスライムの色。
 ドラゴンクエストのスライムの色が青いのはP6版のハイドライドの影響があるのではないかと疑っている。昔のスライムのイメージは緑でしょう。
地形  一見、PC-6001mkII版に似ているようで、4方向スクロールしたり滑らかな地形だったりする。
 PC-6001mkII版の再現ならず。


 T&Eのコピーライト表示は書き換えない。
パレットフック例  X1版ハイドライドはグラフィック面(キャラクター)のカラー番号0(黒)を透明色としてPCG(背景)と重ね合わせします。キャラに使えるのは7色だけ。黒を表示するためにパレット変更でマゼンダを黒にしています。
 PC-6001mkII版ではローパーにマゼンダを使っている。
 パレットを書き換えてなんとか模倣。赤と青のディザでは見苦しかった。
 その代わりEXPのメーターの色が緑からマゼンダに変わっている。

 マスクプットの余裕はあるのかないのか不明。

ウィルオウィスプ  X1版の特徴。ウィルオウィスプが地上に出現してくる。
 ゲーム終盤も緊張感がある。
 ゴブリンより凶悪。
ドラゴンとオクトパスなし  ドラゴンとオクトパスがいないのもX1版の特徴。
 プレーン落とし4色でデータ量減らすとか、PCG定義は2段ロードするとか、アクセスされていないIOCS部分削るとか、地下マップデータはディスクに待避させるとか…。
 バラリスをワープさせたい、強くしたいとか…。FM音源対応…、

 PCG高速定義で起動時間を短縮は出来そう。欲を言えばキリがない。
 Windows環境で4方向スクロール方式のハイドライドの妄想。
タイトル画像  タイトル画面。PC-6001mkIIの160*200の画面モードを再現の努力。縮小した画像ではそこそこだけど等倍にするとディザでがっかり。
ボツタイトル ボツタイトル案。6601ディスク版に似せようとした。しかし、320x200、4色モードはX1でも再現可能になる。
細かい部分は同じにはならないはずではあるが、近似値が高そうなのでボツ。
 広告に出ていたPC-100を使ったイメージイラストをタイトルにしようともしたけど、P6版の趣旨から外れるので棄却。
P6風変更ツール


< ホームへ戻る >